台湾「親中派」韓国瑜・高雄市長のリコール成立 総統選の国民党候補

▼記事によると…

・今年1月の台湾総統選で、野党、中国国民党の公認候補として出馬し、現職の蔡英文総統に大敗した韓国瑜・高雄市長のリコール(解職請求)投票が6日、同市で実施された。

台湾メディアの開票速報によると、賛成票が有権者の4分の1を超えたため、リコールが成立した。

2020.6.6 18:30
https://www.sankei.com/world/news/200606/wor2006060025-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

韓国瑜 プロフィール


韓 国瑜は、中華民国の政治家。外省人。現職の高雄市長で、2020年に実施された第15回中華民国総統選挙では中国国民党の正式公認候補であった。
生年月日:1957年6月17日 (年齢 62歳)
韓国瑜 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

台湾総統候補から真っ逆さまに急落しましたね。韓國瑜市長自身の問題も大きいと思いますが、背後には香港問題、武漢肺炎、中共の軍事行動といった要因がやはり強かったように思います。ただ次のターゲットが台北市長になりそうで心配。先に台中市長をやるべきかと思います。

親中派だからリコール成立したというより単純に高雄市長に就任したあとその無責任ぶりがひどくて市民たちが許せないほうが大きいです。就任したあと数ヶ月すぐ総統線に投入と発表。市民が委ねた市政と信頼をただ踏み台にしたから皆が怒った。このリコールは市民たちの現れであり全ての政治家への警告

個人的には親中派が行政のトップから降りるのは歓迎だが、そもそもリコールの理由って何?それが分からないと、手放しに喜べないのですが・・・

親中派の知事がリコールされる世界。スタンダードになってくれたらいいが

台湾もこのようにできているのだから日本も親中派の徹底排除を

日本の愛知県知事のリコールも成功させましょう

日本は台湾を見習え。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認