給付金通知書に「寄附のお願い」同封、市民混乱…市「配慮足りなかった」

▼記事によると…

・埼玉県久喜市は、10万円の給付金の決定通知書に「寄附のお願い」を同封した

・「寄付しなければならないのか」という問い合わせが寄せられていると判明

・市総務部長は強制という意味ではなかったが、配慮が足りなかったと釈明した

2020年6月6日 11時8分
https://news.livedoor.com/article/detail/18375300/
>>『読売新聞』のご購読お申し込みはこちら

参考画像

梅田修一 プロフィール


梅田 修一は日本の政治家。埼玉県久喜市長。
生年月日:1974年4月23日 (年齢 46歳)
梅田修一 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

もちろんちゃんと読まないで混乱する人も悪いんだけど、給付金の通知書に同封するってのはちょっとないかなあ。何のための給付金なのか役所が理解できてない気がする。何か他の方法はなかったんかな。

寄付は金があるやつがやるもんだ

驚くとすれば、貰えるものと思って開封したらいきなり「寄付」の文字が飛び込んでくるからだけであって、中身をちゃんと読めば、「みんな大変だよね、お金欲しいよね、市ではこんな支援やってるよ、みんなで乗り越えようね」って言ってるだけって分かるのにな。「配慮が足りなかった」には寧ろ好感。

混乱したとか言う人は文章をちゃんと読まなかっただけなのでは…??

余裕無い世帯が多いなかこれは酷薄なお願いやな。

嫌らしいねぇ〜

誰が発案したか知らんがセンスのなさよ…

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事