田原総一朗「国民激怒で支持率急落“安倍首相以外なら誰でもいい”」

▼記事によると…

・安倍内閣の支持率が急落している。ジャーナリストの田原総一朗氏は、「これまでも国民の多くは決して満足していたわけではない」と指摘し、今回は、黒川弘務前東京高検検事長のスキャンダルで不満が爆発した結果だと分析する。

・国民の多くは、決して安倍内閣に満足していたのではない。強い不満を抱いていても、野党が弱すぎて、野党による政権に現実感を持てなかったのだ。

・国民の多くは、極端に言えば、安倍首相以外ならば誰が首相になってもよい、とさえ考え始めている。

AERA 2020/06/03 07:00
https://www.msn.com/ja-jp/news/national

田原総一朗 プロフィール


田原 総一朗は日本のジャーナリスト、評論家、ニュースキャスター。ドリームインキュベータ社外取締役。元東京12チャンネルディレクター、元映画監督。日本国際フォーラム参与、政策委員。公益財団法人日印協会顧問、一般社団法人外国人雇用協議会顧問、NPO法人万年野党会長。芸能事務所のブルーミングエージェンシーと業務協力。
生年月日:1934年4月15日 (年齢 86歳)
田原総一朗 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

さすがにそれは無責任だわ(笑)。

野党がどんな政治やりたいかハッキリしないと言う部分は同感

野党はチャンス!国民一人一人が豊かになる政策を提案して政権奪還

辞めろと言う声があるから辞めろは馬鹿げている。

「安倍さんが」とかはどうでもよくて、何かを決断するときいちいち利権の絡む判断をしない総理であればいい

ようやくここまで来たか、7年半もよく我慢したよね。

野党も含めてこの程度の政治しか出来なくても議員報酬がもらえるなら、どこの誰が議員になっても結果は同じ。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事