Brut Japanのツイート

「君たちの怒りは僕の怒りの半分にも満たない。」。

白人警官によって殺されたジョージ・フロイド氏の弟テレンス・フロイド氏が、米国内で暴徒化した市民たちを一喝した。

「自分自身を教育して、誰に投票するか決めるんだ」と、破壊や暴力ではなく、投票行動で主張することを涙ながらに訴えた。

暴動


暴動とは、多数の市民・民衆が集合的に暴行・脅迫・破壊などの暴力的な活動を行うことをいう。
暴動 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

自分を教育していかなきゃ。間違いない。

悲しみの最中どんな想いで訴えているのかを考えると涙が止まらなかった。そして、権力を振りかざして一人の男性の命を奪った彼らを私は決して許さない。

氏の必死の訴えを聴くと「必要物資を資本家から取り返しているんだー」と略奪行為を擁護してた奴らの薄っぺらさがよく分かる。

立派な人だと思う反面、喪に服したいであろう人を現場に引きずり込んでしまった現状が悲しいなと思った。

投票は抵抗の武器。悪政を行う議員はそのステージから去って貰おう。民主主義の破壊者には民主主義最大の武器「投票」で戦おう。日本も同じだ。選挙には必ず行って自公議員を落選させよう。

素晴らしい内容です!

魂がふるえる

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認