〈独占告白〉「このハゲ~!」騒動から3年・豊田真由子「意識のあるときは、死ぬことばかり考えていた」

▼記事によると…

・2017年、週刊誌の報道で秘書への暴言が明るみに出て、世間から大バッシングを受けた豊田真由子さん。順風満帆だった人生が一変しました。当時のことは「パニック状態で記憶が定かではない」というものの、沈黙を貫いてきた3年をどう過ごしてきたのでしょうか。現在発売中の『婦人公論』6月9日号に掲載された、ロングインタビューを配信します。

(略)

婦人公論 6/1(月) 12:30
https://news.yahoo.co.jp/articles/2e775885c15d71249150b43c6779799ca964e881

豊田真由子 プロフィール


豊田 真由子は、日本のコメンテーター。元政治家、厚生労働官僚。学位は修士。 厚生労働官僚として、金融庁総務企画局課長補佐、在ジュネーブ国際機関日本政府代表部一等書記官、厚生労働省老健局課長補佐などを歴任した後に政界入り。
生年月日:1974年10月10日 (年齢 45歳)
豊田真由子 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

言われた方はずっと記憶に残るのよね

頭脳明晰で能力はあるんだろうけど,人の上に立つ人じゃない。

とんでもない失敗をしてしまったのかもしれないけれど、しっかり反省して制裁を受けた人にはチャンスがある世の中っていいよね。

確かに、大変な間違いをしてしまったけど、誰にでも立ち直る機会はあっても良いと思う。

パニック状態で記憶がない。便利な言葉だね。この言葉吐く人は信用出来ません。記憶がないと言うよりかは自分の過去を認めた上で活躍した方が私はいいと思う。

根本的に性格って変わらないよね…。

もう一度戻って来て下さい。改ざん・不正のない政治を実現して欲しい

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認