細野豪志議員のツイート

ブルーインパルスについて皮肉る野党の若手政治家のツイートが話題だ。

世の中を良くするのが政治家の仕事。そのための努力を称賛するのは自然な行為だ。しかし、それは政権を後押しするかも知れない。

立場を越えて評価するか、粗を探すか。政治家の最初の分かれ道。日本のために何をするか。

細野豪志 プロフィール


細野豪志は、日本の政治家。衆議院議員。 環境大臣、内閣府特命担当大臣、内閣府特命担当大臣、内閣府特命担当大臣、内閣府特命担当大臣を務めたほか、民主党政策調査会長、民主党幹事長、自誓会会長、民進党代表代行、希望の党憲法調査会長などを歴任した。
生年月日: 1971年8月21日 (年齢 48歳)
細野豪志 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

細野先生のおっしゃる通りだと思います。ひたすら粗探しに徹するような心が荒んだ方が国会議員をされているのを見て残念でなりません…

細野議員、そうですよね。日本のために何をするかが大事ですよね。経済再生のため、消費税減税法案の成立を期待しておりますので、よろしくお願いします。

最終的には、日本を愛しているかにあると思う。批判やあら探しからは何も生まれないばかりか、日本が嫌いなのかと思わざるを得ない。批判するみなさんの表情、なぜか、同じに思われる。

行動が日本のためとは思えない議員さんがいて心配しています😅

そういう姿勢は支持します

素直に感動してるのに、支持者からボロクソに叩かれている元アスリート&アーティストの新人議員さんも、必見です。

心や感動が人を動かします。お金だけではありません。その野党議員はなにも解ってない。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認