ジム・ロジャーズ「中国は必ず世界の覇権を握る」 新型コロナでアメリカの凋落はもはや決定的

▼記事によると…

・ファイナンシャル・プランナーの花輪陽子です。前回の「日本は20年後、必ず没落する」に引き続き、『ジム・ロジャーズ 大予測:激動する世界の見方(東洋経済新報社) 』から天才投資家による世界情勢の見方をお伝えしたいと思います。

新型コロナ危機で「欧米の凋落」が決定的になる

・「今から数十年後に振り返ったときに、これから起きる多くの出来事が『今回の新型コロナ危機が分岐点だった』と記録されているだろう。長期的な視点に立てば、世界経済の成長が大きく減速し、アメリカや欧州の凋落が決定的になる」

アメリカではなく、中国が覇権を握る理由

・ロジャーズ氏は、今回の危機からいち早く立ち直るのは中国だと主張します。確かにシャドーバンキングシステムなど負の側面も抱えるものの、長期的に考えると中国は覇権に向けて前進していくと考えています。

東洋経済 2020/05/29 6:00
https://toyokeizai.net/articles/-/353367

ジム・ロジャーズ


ジム・ロジャーズは、アメリカ合衆国の投資家。クォンタム・ファンドの共同設立者。ロジャーズ・ホールディングスの会長。アラバマ州出身。
生年月日:1942年10月19日 (年齢 77歳)
ジム・ロジャーズ - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

一時握ることはあるかもね

米でさえ単独覇権は無理だった。中国がその二の舞を踏むと?

もう中国はアメリカ抜いてると思うんだがコロナでさらに差が開きそう

てことはまだまだアメリカの覇権が続くのか

アメリカの凋落は避けられないにしても、人権に対する『建前』が守れない中国が覇権を握ることも困難だ。

てか、中国まだ収束してないのにした事になってんのかよw

中国の覇権とかアメリカがそれを許すわけない

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事