新たな現金給付を想定 10兆円予備費使途で自民

▼記事によると…

・新型コロナウイルス対策を話し合う政府・与野党連絡協議会が28日、国会内で開かれた。自民党の田村憲久政調会長代理は、2020年度第2次補正予算案に盛り込まれた10兆円の予備費の使途に関し、新たな現金給付を想定していることを明らかにした。

・野党側は、予算案に具体的な使途が規定されない巨額予備費について「財政民主主義の観点からおかしい」と問題視。

田村氏は「(感染の)第2波、第3波がやってきて緊急事態宣言下に置かれるようなことになれば、また定額給付金のようなものが必要になる」と説明。

時事通信社 2020年05月28日19時52分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020052801142&g=pol

田村憲久 プロフィール


田村 憲久は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、裁判官訴追委員会委員長。 厚生労働大臣、総務副大臣、文部科学大臣政務官、厚生労働大臣政務官、衆議院厚生労働委員長、自民党副幹事長等を務めた。 父は日本土建名誉会長の田村憲司。伯父は労働大臣や運輸大臣、通商産業大臣、衆議院議長を務めた元衆議院議員の田村元。
生年月日:1964年12月15日 (年齢 55歳)
田村憲久 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

想定じゃなく、給付しろよ

二次補正にあと100兆追加して消費税を廃止にしろ。

3ヶ月近く自粛して家にこもってたわけだから、もう1発現金給付してくれるとありがたいな。まだ1発目もらってなけれども。

何しても文句言うんだな

出た。やったらやったで批判。やらなかったら?なぜやらないんだ?と批判

2波3波来てからかーい。既に必要だと思うけど・・・

財政と経済天秤に掛けた上での判断なのかただの人気取りなのかどっちだ

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事