「仲間は戻ってこない。刑事責任、最大限追及を」京都アニメーションがコメント

▼記事によると…

・京都アニメーション(本社・京都府宇治市)は27日、青葉真司容疑者(42)が逮捕されたことを受け、弁護士を通じてコメントを発表した。

・以下コメント
容疑者に対し、改めて寄せる言葉はありません。行いと結果が全てです。容疑者が自らの行いにどのような弁解をしようが、結果についていかなる反省の弁を述べようが、命を奪われた仲間たちが戻ってくることも、仲間たちの傷が癒やされることもありません。遺族やご家族、友人の方々は今も、そしてこれからも、取り返しのつかない現実と向き合っていかなければなりません。それは、私たちも同じです。

会社としては当然、容疑者に対する刑事責任が最大限、追及されるものと承知しております。

毎日新聞 2020年5月27日 9時41分
https://news.livedoor.com/article/detail/18321783/
>>『毎日新聞』のご購読お申し込みはこちら

京都アニメーション


株式会社京都アニメーションは、日本のアニメ制作会社。略称は京アニ。主にテレビや劇場用アニメーション作品の企画・制作、他社作品の制作協力を行っている他、出版事業やマーチャンダイジング事業なども行っており、アニメーションを軸としたコンテンツ事業を展開している。会社商標ロゴは「京」の文字をモチーフにしてデザインしたもの。
CEO:八田英明 (1985年7月12日–)
京都アニメーション - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

葉真司の悪質な放火によって、お亡くなりになられた京都アニメーションの従業員の皆様の御冥福をお祈り申し上げます……😭

青葉は公平なジャッジの元裁判できるが、よく分からない動機で理不尽で無残に焼殺された36人が無念過ぎるよ…

前を見て歩いて行かなきゃ行けないんだよね。辛いよね…

このコメントが全てだと思うから掘り返すように取材したり遺族へのコメントを求めたりしないであげてね。メディアが取り上げなくても心情を察して汲み取るぐらいのことはできるから。

お亡くなりになった方はもちろん、今もなお負傷なさった方は火傷のケア、心の傷で日々苦しんでいる。こういった被害者の方々の想像を絶する辛さは、ご本人、ご家族、ご遺族の方にしかわからない。本当に、容疑者が憎くて難くて仕方ない。

本当に凄惨な事件だった。亡くなった方々へのご冥福を祈り、また犯人には相応の罰が下ることを望む。(そんな罰はこの世には存在しないが。)

やっぱり法律とかがあっても10年に何回かは絶対に確率的にこういう事件が存在するのが怖い。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事