全児童生徒と教員、シールド着用を 大阪市長

▼記事によると…

・大阪府に対する緊急事態宣言が解除されたことを受け、大阪市は22日、市立小中学校で6月1日から分散登校を再開し、給食も提供。

同15日から通常授業に戻すことを決めた。

松井一郎市長は感染防止策として、全児童生徒と教員に、顔の前面を覆うシールドを着用させる考えを明らかにした。

・授業時間を確保するため小中学校ともに夏休みを18日間、冬休みを2日間それぞれ短縮するほか、土曜日の授業実施の拡充も検討する。

・松井氏
「授業が本格的に始まると教室での距離感が近くなる」

産経新聞 2020.5.22 19:47
https://www.sankei.com/west/news/200522/wst2005220025-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

松井一郎 プロフィール


松井 一郎は、日本の政治家。大阪市長、日本維新の会代表、大阪維新の会代表。 大阪府知事、大阪維新の会幹事長、日本維新の会幹事長、維新の党幹事長、同顧問、大阪府議会議員などを歴任した。住之江競艇場の照明・電気設備関係の工事・補修を一手に請け負う株式会社大通の元代表取締役。父は大阪府議会議長を務めた松井良夫。
生年月日:1964年1月31日 (年齢 56歳)
松井一郎 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

安全第一!

もう単なる風邪と分かったんだから、そこまでしなくても。手洗いだけしっかりしてよく寝てよく食べてよく遊んで。それでいい。

サランラップ被せたキョンシーみたい(笑)

さすが大阪屍長や思います

熱中症大丈夫かね

そんなことまでするのならオンライン授業で十分な気がする。そこまでして学校行こうとは思わないな。

笑わせに来てるのかマジなのかどっちだ…

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認