黒川検事長が辞意 賭けマージャン、法務省調査に認める

▼記事によると…

・東京高検の黒川弘務検事長(63)が新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急事態宣言が出ている5月初旬に産経新聞記者や朝日新聞社員とマージャンをしていたと週刊文春(電子版)が20日に報じたことを受け、黒川氏が法務省の聞き取り調査に対し、賭けマージャンをしたことを認めたことがわかった。

黒川氏は関係者に辞意を漏らしているという。

朝日新聞 2020年5月21日 5時00分
https://www.asahi.com/articles/ASN5P0PK5N5NUTIL02N.html

動画を見る

黒川弘務 プロフィール


黒川 弘務は、日本の検察官、法務官僚。法務省大臣官房長や、法務事務次官を経て、東京高等検察庁検事長。
生年月日:1957年 (年齢 63歳)
黒川弘務 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

官僚も嵌められたことあるし、単独で新聞記者と接触するの禁止にしないといけないな。

前川助平さんの反応が気になる。

マージャンて4人でするんでしょ?朝日と産經どちらかの記者が2人なのかな?

このオッサン、ダマで平和でアガるタイプ😎

わが社の記者と、賭けマージャン🀄!!!

これで誰が得、と言うより損失を受ける者を考えるとカラクリが見えるような気がしないでもない(大謎)⁉️😴🙄

一連の騒ぎの中で渦中の人間が賭け麻雀してたとか擁護できないわ

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事