中国で偽造紙幣6トン、押収額過去最高の約64億円

・中国の警察当局は約6トンに上る未使用の偽造紙幣を押収した。

額面にして4億2200万元(約63億6300万円)相当で1949年の建国以来、最高の押収額だという。

・偽造紙幣の他、その製造機械や原料も押収した。

AFPBB News 2020年5月17日 13:39配信

中華人民共和国


中国は広大な草原、砂漠、山、湖、川、14,000 km を超える海岸線を擁する人口の多い東アジアの国です。首都の北京は、複数の建物からなる紫禁城や、天安門広場などの史跡が近代建築と融合した街です。超高層ビルが林立する上海は、国際的な金融センターです。中国北部には、有名な城壁である万里の長城が東西に長く伸びています。
中華人民共和国 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

コロナによってお札で感染が広まったと言う見方も中国ではあるのでこれから紙幣離れが加速しておくでしょうね。もともと主流だった電子マネーがもっと勢いますと思います。

中共さんの日常の光景でしたとさぁ

キャッシュレスが浸透する理由😥🤣🤣🤣

私も同僚がATMで1000元おろしたら、8枚が同じナンバーで、とても信じられませんでした。

タクシーで50元の偽札つかまされた事があります。

中国がキャッシュレス化を進めている理由は、これ(偽札の横行)を防ぎたいからでしょう。日本が遅れているかのように言う向きがあるけれど、日本では偽札が出ないから、キャッシュが原則で困ることはないです。

えー、ATMから偽札が出てくる。中国4000年の歴史深いものがありますね。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認