桜井充参院議員、自民会派へ 「与党に行かないと仕事できない」

2020年5月15日 17時14分配信

・立憲民主、国民民主などの野党統一会派に所属する桜井充参院議員(宮城選挙区)は15日、国会内で自民党の世耕弘成参院幹事長と面会し、自民党会派への入会願を提出した。

・桜井氏「与党に行かないとなかなか仕事ができない。苦渋の決断だ」と説明。

・自民党入党については「今すぐという話にはならない。時間をかけてゆっくりやっていく」

『毎日新聞』のご購読お申し込みはこちら

桜井充 プロフィール


櫻井 充は、日本の政治家、医師。参議院議員。桜井 充とも。 民主党政策調査会長、厚生労働副大臣、財務副大臣、参議院経済産業委員長等を歴任。
生年月日:1956年5月12日 (年齢 64歳)
桜井充 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

なんだこいつ。与党に行って国民への嫌がらせがしたいのか。あいつらの仕事ってそういうことだぞ。

有権者が託した一票の思いは重い‼️

この人とか細田豪志とか失礼だよね。与党に行かないと仕事できないとか。野党の議員さんちゃんと仕事してんじゃん。議員の仕事をなんと思っているのか。大体野党が協力したから当選したのに。

まず議員を辞めろや。やりたきゃ次の選挙に出てやれ。コウモリ野郎。

事情があるんだろうが今、行っちゃうとこに政治家センスゼロ。

この時期に自民会派へ行く→状況把握が出来ない→仕事が出来ない→何処へ行っても仕事が出来ない だと思う。

もっと早くいらしたら良かったのに。。。お仕事一杯待っていますよ!

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認