妊婦向け布マスク、検品に8億円 不良品問題で厚労省

▼記事によると…

・新型コロナウイルスの感染拡大防止策として政府が妊婦向けに配る布マスクで不良品が見つかった問題で、厚生労働省は14日、参院厚労委で、自治体から返品された布マスクの検品費用として約8億円かかると明らかにした。

・全世帯向け配布の布マスクについては、12日時点で12枚の不良品を確認。

5/14(木) 12:22
https://news.yahoo.co.jp/articles/c9445afbce1f4965f68c350c7f8aac47ad19dd22

厚生労働省


厚生労働省は、日本の行政機関のひとつ。健康、医療、子ども、子育て、福祉、介護、雇用、労働、及び年金に関する行政並びに復員、戦没者遺族等の援護、旧陸軍・海軍の残務整理を所管する。日本語略称は厚労省。 2001年1月の中央省庁再編により、厚生省と労働省を廃止、統合して誕生した。予算規模は中央省庁の中で最大である。
設立:2001年1月6日
厚生労働省 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

いくら税金無駄にするんだよ。

日本の経済を回されましたね。

お金はいくらかかったかではなくかけたお金が経済を回しているかが大事。検品仕事を創出する事で給与を与えて経済が回る。どんなにつまらない仕事でも経済を回しているならいい

普通マスクを納入した業者が検品するなり代替品納品するなり責任取るでしょ。

もう買えるのだから、検査せずに廃棄して8億円学生支援にでも回した方が役に立つ。

アベノマスクのおかげで、異常に値崩れ起こして手に入りやすくなった。結果、効果抜群だった。

検品止めて、医療機関に使えばいいのに。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事