韓国の元柔道五輪銀メダリスト、未成年への性的暴行で永久追放

▼記事によると…

・2008年北京五輪の柔道銀メダリストで、未成年に対する性的暴行で先日逮捕されていた王己春(Wang Ki-chun、ワン・キチュン)容疑者が、韓国柔道連盟(KJA)から永久追放の処分を科された。

・今月に入ってから今回の事件で逮捕され、有罪になれば無期懲役を言い渡される可能性もある。

5/13(水) 10:31配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200513-00000012-jij_afp-spo

王己春 プロフィール


王 己春は、韓国の全羅北道・全州市出身の柔道家。北京オリンピック柔道銀メダリスト。身長171cm。 世界柔道選手権には5度出場しそのうち2大会で金メダルを獲得するなど、韓国でも有数の実力者でもある。
生年月日: 1988年9月13日 (年齢 31歳)
王己春 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

内柴正人「柔道家の恥さらしめ」

せっかくの栄冠も自分の行動でパーにするのは勿体ない。

日本にもいたね。

こりゃ、内柴の鞄持ちから出直しだな。

内柴は元気なのか?

コレに関しては日本が先駆者なんだよなあ

性的暴行で無期懲役?これは、日本も学ぶべき。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認