コロナ発生源巡る米長官発言は「憶測」 WHO、長期戦も訴え

▼記事によると…

・ポンペオ米国務長官が新型コロナウイルスについて、中国の研究所が発生源である「かなりの量の証拠」があると発言したことについて、世界保健機関(WHO)は4日、「憶測」にすぎないとした上で、科学的な証拠の提示を求めた。

・テドロス事務局長は「新型コロナとは長い付き合いになる。われわれはウイルスを克服するため、協力して手段を開発・共有しなければならない。国や国際社会が一致団結してこそ勝利することができる」と述べた。

5/5(火) 5:51配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200505-00000023-reut-cn

マイク・ポンペオ


マイケル・リチャード・"マイク"・ポンペオは、アメリカ合衆国の政治家、軍人、弁護士。第70代アメリカ合衆国国務長官。 2011年から2017年まで共和党所属の下院議員に在職したあと、ドナルド・トランプ政権で2017年から第24代中央情報局長官を務め、2018年4月から国務長官に在任中。
生年月日:1963年12月30日 (年齢 56歳)
マイク・ポンペオ - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

WHOは最早、中国のひとつの部署だと考えた方が理解しやすい😱

中共とWHOの否定は予想できる。欧州と日本政府の反応が気になる😬

WHOはまた1つ墓穴掘りましたね

何か有るでしょう?おかしくない?と思うよね!🙄

何を出しても「憶測だ」言う気満々ですね(笑)

この事務局長を、そろそろ、告訴すべき。

WHOに代わる機関を早急に設立する必要があるようだ。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事