東京大学大学院理学系研究科・生物科学専攻のツイート

【新型コロナウイルス】

緊急事態宣言が解除された後も行動自粛を継続しなければ、約二週間で感染者数が元の数まで増えてしまいます。

『行動自粛を継続することが大切です』

生物科学専攻・大橋順准教授

東京大学


東京大学は、東京都文京区本郷七丁目3番1号に本部を置く日本の国立大学である。1877年に設置された。大学の略称は東大。
東京大学 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

政府が責任を持って改憲して「外出禁止令」を出した方がサービス業等救われる業種も多いのでは無いですか??

肝心なのはオーバーシュートを防ぐことで、感染ゼロを目指すことじゃないということ

怖いのが5/6で終わると思ってる人が多そうなとこ…。

良いタイミングの警告だと思います。終わりが見えないのが辛いですが。

世の中にはコロナウィルス以外に経済問題など様々な課題がある。よってバランスのとれた提言をしないと「専門家の意見は机上の空論だ。現実感がない。」と人々は意見を聞き入れないだろう。不適切な呼びかけは知的権威への反感をも招きかねず本当の危機が起こった時に困ったことになるから辞めるべきだ

出掛ける先を無くしてしまえば外出しなくなるんじゃないですか?観光地などは解除されても暫くは休園・休業するなどしておく事が必要。勿論、パチンコも当面休業。

「緊急事態宣言が解除された後も行動自粛を続けろ」って、話がおかしいでしょ。それを言うなら「緊急事態宣言はしばらく解除するな」と政府に向かって言うべき。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認