瀬戸内寂聴「私もヨコオさんもコロナウイルスにはかかりません」

▼記事によると…

・半世紀ほど前に出会った97歳と83歳。人生の妙味を知る老親友の瀬戸内寂聴さんと横尾忠則さんが、往復書簡でとっておきのナイショ話を披露しあう。

■瀬戸内寂聴「コロナ禍しぶとく生きのび残る作品を」

私もヨコオさんもコロナウイルスにはかかりません。私は観音さまが守ってくれているし、私がヨコオさんの無事を祈っているからです。うちの観音さまの御利益の強さは、美輪明宏さんが誓言してくれていますから大安ですよ。こうなればしぶとく生きのびて、誰にもわからない絵や小説を書き残してやりましょう。

2020.4.20 11:30
https://dot.asahi.com/wa/2020041700029.html

瀬戸内寂聴 プロフィール


瀬戸内 寂聴は、日本の小説家、天台宗の尼僧。俗名晴美。京都府在住。 僧位は権大僧正。1997年文化功労者、2006年文化勲章。学歴は徳島県立高等女学校、東京女子大学国語専攻部卒業。学位は文学士。元天台寺住職、現名誉住職。比叡山延暦寺禅光坊住職。元敦賀短期大学学長。徳島市名誉市民。京都市名誉市民。
生年月日: 1922年5月15日 (年齢 97歳)
瀬戸内寂聴 - Wikipedia

横尾忠則 プロフィール


横尾 忠則は、日本の美術家、グラフィックデザイナー、作家。 実弟の成瀬政博も画家でイラストレーターで、1997年より『週刊新潮』の表紙絵を担当。長女の横尾美美も美術家。
生年月日: 1936年6月27日 (年齢 83歳)
横尾忠則 - Wikipedia

ネット上のコメント

かかるときはかかる。

どっかの牧師か神父が似たようなこと言って○んでたで

観音様も個人に関わるほど暇じゃないと思うよ

家から出ないのであれば感染はしません。お仕事のためにウロウロするのであれば観音様でも無理です。

信仰ではウイルスは防げません。デマを流すのはやめましょう。

他力本願

現世において善行を積んでも仏は助けてくれないし悪行を積んでも報いはない

かかった人には失礼だな

まずコロナ生み出さないでくれよw

観音さま他の人も守って下さい

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認