「中国批判は非生産的」 中露首脳が電話会談、関係維持アピール

▼記事によると…

・ロシア大統領府は16日、新型コロナウイルスをめぐり、プーチン露大統領と中国の習近平国家主席が電話会談を行ったと発表。プーチン氏は習氏の対応を徹底的かつ効果的だと評価。

「新型コロナ発生の公表が遅かった」とする国際的な中国批判に関しては「非生産的な試みだ」とした。

新型コロナに伴う国境封鎖や物資輸送規制などで中露間の貿易が大幅に縮小している中、両首脳は従前通りの良好な関係を世界にアピールした形。

・両首脳は「協力を継続することで、ともに試練を乗り越えられると確信している」と表明。

2020.4.17 07:09
https://www.sankei.com/world/news/200417/wor2004170007-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

ウラジーミル・プーチン


ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチンは、ロシア連邦の政治家。第4代ロシア連邦大統領、ロシア連邦安全保障会議議長。
生年月日: 1952年10月7日 (年齢 67歳)
ウラジーミル・プーチン - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

中国とロシアww

よく言うわ。

中国がコロナをアメリカのせいにしようとしたり責任転嫁しようとしてる現状で良好な関係って事はもうダメでしょ…

責任は感じてほしいですね。

プーチンも中共側についたら武が悪いことは百も承知だろうに…

まずは中国が謝罪と賠償をしてからでしょ

これ、プーチンがコロナになったらどーなんだろ。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認