映画監督の大林宣彦さん 肺がんで死去 82歳

▼記事によると…

・映画「転校生」や「時をかける少女」など、若者たちの情感をみずみずしく描いた作品で人気を集め、晩年まで反戦を訴え続けた映画監督の大林宣彦さんが、10日夜、肺がんのため東京都内と自宅で亡くなりました。82歳でした。

2020年4月11日 2時44分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200411/k10012381411000.html

▼動画を見る

大林宣彦 プロフィール


大林 宣彦は、日本の映画監督。勲等は旭日小綬章。倉敷芸術科学大学客員教授、長岡造形大学造形学部客員教授、尚美学園大学名誉教授、文化功労者。
生年月日:1938年1月9日
大林宣彦 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

尾道の映画が好きで、今も時々ロケ地を歩きます。素晴らしい映画をありがとうございました。

日本映画界の宝。ご冥福をお祈り致します。

さびしんぼう好きでした

尾道の良さを広めたよね…

尾道3部作 素晴らしかったです。心よりお悔やみ申し上げます。

映画、観させていただき、尾道行きました。

尊敬しています。ご冥福をお祈りします。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認