首都圏の車が別荘地に増加、市に「感染リスク」の不安訴える声も

▼記事によると…

・市によると、夏のピーク時で最大約2万人が滞在する市内の別荘地は例年、大型連休前から利用者が増えるが、今年は先月下旬から増加。

市内のスーパー駐車場には首都圏ナンバーのマイカーが目立つようになり、市には「感染リスクが上がるのでは」と不安を訴えるメールなどが複数寄せられるようになったという。

・今井敦市長は3日の定例記者会見で、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、別荘利用者を中心とした入り込み客を対象に注意喚起のチラシ7000枚の配布を始めると発表

2020/04/04 11:21
https://www.yomiuri.co.jp/national/20200403-OYT1T50281/
>>『読売新聞』のご購読お申し込みはこちら

今井敦 プロフィール


今井 敦は、日本の政治家。長野県茅野市長。元長野県議会議員、元茅野市議会議員。
生年月日:1961年 (年齢 59歳)
今井敦 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

今住んでる場所から動くな!って事だね。

不謹慎にも笑ってしまった。別荘地が クラスター化するのか?

向こうで発症しちゃったら…ということを考えないといけないと思います。

さすが田舎者の集まりの都民ですね。自分が助かるために他府県に移動。やってることは武漢から逃げる中国人と一緒。

車ナンバーは関東だけどずっと前から出張で出てる人も居るから偏見の目で見ないであげて〜😭

検査すれば良いってもんじゃない。まずは感染予防

固定資産税を取っておいて酷い言い方だよな…

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事