米の「虚偽数字公表」指摘に中国が反発

▼記事によると…

・米情報機関が中国での新型コロナウイルス感染の死者数と感染者数について、中国政府が実数よりも少ない虚偽の数字を公表しているとする機密報告書を米ホワイトハウスに提出したと米ブルームバーグ通信が報じたことに対して、中国外務省の華春瑩報道官は2日の記者会見で、「自らの対応力が足りないために言い訳やスケープゴートを探すな」と米側を非難。

華氏は、中国政府がとった一連の対応について「果断で時宜にかなった力強い措置で、中国人民の生命と健康を守った」と強調。その上で「世界での疾病の蔓延(まんえん)を阻止するために貴重な時間を勝ち取った」と自賛した。

2020.4.2 20:25
https://www.sankei.com/world/news/200402/wor2004020018-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

華春瑩 プロフィール


華 春瑩は、中華人民共和国江蘇省出身の外交官、報道官。
生年月日: 1970年4月 (年齢 50歳)
華春瑩 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

探してはいない最初っからわかってる。

ウイグルの時といい、本当のこと言われると逆ギレしますね。

🇯🇵はこういう国と付き合っているのです。今のままの法律でいいのか?駄目でしょ❗

ほんまの戦争に発展するかもな

まあ当然こう言ってくるわけなので、陰謀論にしないためには、このカウンターとして何かしら客観的データが必要になる。ホワイトハウスに提出したという、例の報告書を何かしらの形で公開してもらいたいところ。

誰も中国の発表をそのまま信じないでしょう。コロナウイルス感染者数にしても、最近の経済成長率にしても。

口げんかで済みならいいんだがな

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認