植松聖被告の死刑確定へ 控訴取り下げ 相模原 障害者殺傷事件

▼記事によると…

・相模原市の知的障害者施設で入所者19人を殺害した罪などに問われ、1審で死刑判決を言い渡された元職員の植松聖被告が、弁護士が行った控訴を30日取り下げました。これで植松被告の死刑は、控訴できる期限を過ぎる31日午前0時に確定することになります。

・相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」の元職員、植松聖被告(30)は平成28年7月、入所者19人を殺害した罪などに問われました。

2020年3月30日 17時42分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200330/k10012357981000.html

相模原障害者施設殺傷事件


相模原障害者施設殺傷事件(さがみはら しょうがいしゃしせつ さっしょうじけん)とは、2016年(平成28年)7月26日未明、神奈川県相模原市緑区千木良476番地にある、神奈川県立の知的障害者福祉施設「津久井やまゆり園」に、元施設職員の男A(犯行当時26歳)が侵入し、所持していた刃物で入所者19人を刺殺し、入所者・職員計26人に重軽傷を負わせた大量殺人事件である。
相模原障害者施設殺傷事件 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

当たり前

何がしたかったんや??

一番助かるのは弁護士でしょ。ちゃんと自分の仕事は果たせたんだし。

本当に痛ましい

それはそう

当たり前のこと

執行まで時間がかかりそうだ

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事