自民「スピード感もって実行」 野党「遅い」 新型コロナ経済対策

▼記事によると…

・与野党の幹部は29日のNHK番組で、新型コロナウイルスの感染拡大に対処する政府の緊急経済対策などをめぐり議論した。

自民党の稲田朋美幹事長代行は、経済的打撃を最小限に抑えるため「スピード感をもって実行する」と強調。立憲民主党などの野党は、緊急経済対策となる令和2年度補正予算案への政府対応を「遅い」と批判した。

2020.3.29 19:49
https://www.sankei.com/politics/news/200329/plt2003290014-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

稲田朋美 プロフィール


稲田 朋美は、日本の政治家、弁護士。旧姓は椿原。自由民主党所属の衆議院議員、自民党幹事長代行。実父は政治運動家の椿原泰夫。 防衛大臣、内閣府特命担当大臣、国家公務員制度担当大臣、自由民主党政務調査会長、自民党福井県連会長を歴任。
生年月日: 1959年2月20日 (年齢 61歳)
稲田朋美 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

足引っ張っといて、「遅い」はないでしょ?

野党は遅いも何も真後ろへ向かって走っとるやんけ。

少なくとも立憲は桜ばかり国会質疑していたわけで、政府を責める資格はないな。

野党が桜とか森友とか言って時間つぶしか分だけ政府の対応が遅れる

遅いのは間違いない。しかし、森友2週目とかやってる特定野党に言われる筋合いもないだろう。

早くやったらエビデンスとか言い出すくせに。

次の選挙も自民が勝つやろな

PC記事したレクタングル

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認