クラスター、ロックダウン…河野防衛相がカタカナ語見直し申し入れ

▼記事によると…

・河野防衛相は26日の参院外交防衛委員会で、新型コロナウイルス対応に絡んでカタカナ語を多用しないよう、厚生労働省に申し入れたことを明らかにした。

政府は感染集団を「クラスター」、爆発的な患者急増を「オーバーシュート」、都市封鎖を「ロックダウン」などと呼んでいる。河野氏は22日、自身のツイッターで「なんでカタカナ?」と投稿し、共感を示す「いいね」が24万件を超えた。

この日の委員会でも、「万人に分かりやすい言葉でやるべきだ」と主張した。

2020/03/26 21:13
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20200326-OYT1T50262/
>>『読売新聞』のご購読お申し込みはこちら

河野大臣のツイート

河野太郎 プロフィール


河野 太郎は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、防衛大臣。 外務大臣、国家公安委員会委員長、内閣府特命担当大臣、自由民主党行政改革推進本部長、自由民主党幹事長代理、法務副大臣、総務大臣政務官、衆議院決算行政監視委員長・外務委員長等を歴任した。
生年月日:1963年1月10日 (年齢 56歳)
河野太郎 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

ロックダウンとか意味わからんかったから助かる。

河野さん一人で仕事してるな。厚労省解体でいいよ

かっこいい。こんなことが行動にうつせる大人になりたい!

さすが我らの河野さん

やるじゃん。エゴサ大臣。

河野さんが国のトップになって欲しい。

河野さんナイスすぎる。オーバーシュートとか訳分からなさすぎる

みんなのコメント

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認