「非常に不公平で中国に肩入れしすぎ」 トランプ大統領がWHOを批判

▼記事によると…

アメリカ・トランプ大統領
「多くの人々が、WHOは非常に不公平で、中国に肩入れしすぎていると感じていると思う」

・WHOをめぐっては、「テドロス事務局長が中国を擁護している」と欧米メディアなどが指摘。

トランプ大統領は、さらに「何年も前から多くの人が、WHOは中国に偏っていると思っていると聞いている」と述べ、26日のG20(主要20カ国・地域)首脳テレビ会議を前に、ウイルス感染拡大の責任をめぐって非難の応酬を続けている中国をあらためてけん制した形。

一方、東京オリンピックの延期については、「素晴らしい決断だ。わたしも出席するだろうと安倍首相に伝えた」と述べた。

2020年3月26日 木曜 午前10:44
https://www.fnn.jp/posts/00434560CX/202003261044_CX_CX

ドナルド・トランプ


ドナルド・ジョン・トランプは、第45代目のアメリカ合衆国大統領。シャドー・バンキング隆盛期のアメリカ合衆国でその名を知られた実業家。シティグループから融資を受け、みずから設立したカジノ、ホテル運営会社トランプ・エンターテイメント・リゾーツを経営。
生年月日: 1946年6月14日 (年齢 73歳)
ドナルド・トランプ - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

今更過ぎて

さすがトランプ。日本はそこまで強くできないから頼もしい

国際社会に参加すると金儲けは出来るが責任も伴う。自国で感染症が発生したらいち早く知らせるのもそう。というより国家が何もしなくても(出来なくても)感染症発生の噂は普通はあっという間に世界に広がる。独裁体制を維持したいばかりに情報統制をした結果がこれ。

遅いけど言う事が肝心

イタリア、イギリス、スペイン、ドイツ、日本、フランスなんかの小国ではとてもじゃないけど言えない事だな。

春節の時に言ってたら良かったんだよなあ

みんなそう思ってるけどアメリカしか言えない現状って…

みんなのコメント

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認