感染爆発に備え都道府県ごとに医療体制の整備を 加藤厚労相

▼記事によると…

・新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大に備え、加藤厚生労働大臣は、全国知事会に対し都道府県ごとに医療体制の整備を急ぐよう求めました。

・これに知事会側も協力する意向を示し、重点的に患者を受け入れる医療機関の設定や、保健所の体制強化などに連携して取り組むことを確認しました。

・一方で、知事会側は感染拡大の防止策を強力に進めるため、先に施行された特別措置法に基づく政府の対策本部を早急に設置することや、イベント開催の判断基準を明確にし、自粛した場合の損失を補償するなど実効性のある対策も求めました。

2020年3月25日 22時09分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200325/k10012350381000.html

加藤勝信 プロフィール


加藤 勝信は、日本の政治家、大蔵官僚。旧姓:室崎。自由民主党所属の衆議院議員、厚生労働大臣、働き方改革担当大臣。
生年月日: 1955年11月22日 (年齢 64歳)
加藤勝信 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

今日の都知事会見で「法律で軽症者を自宅待機できない」と発言してましたね。自宅待機は今後対応するそうですが、他の法整備も大丈夫なんですか?法律も整備しなきゃ何もできないじゃないか。

(´・ω・)安倍政権の特徴って、みんな無能ってところだよね。

今から整備するのか。なんのために休校措置をとって時間稼ぎしたのかサッパリわからないな。

今頃。。。😞

色々遅いよね、外務省も含めて本当焦る

遅い、遅い、遅い、もう3月終わるんですが、何やってるんでしょうか?

通勤に満員電車も乗ったことがない厚労大臣じゃ、どうしようもない。

みんなのコメント

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事