松沢しげふみ議員のツイート

国民生活を守り、頑張っている中小事業者を助け、日本経済復活のため、国・地方を含めたすべての議員・公務員の給与・報酬を1年間10%削減して、その2.5兆円を定額給付(12兆円)の原資に回し、国民1人当たり10万円の定額給付(商品券)を行うことを提案します。

皆さんのご意見をお聞かせください。


↓↓↓

松沢成文 プロフィール


松沢 成文は、日本の政治家。日本維新の会所属の参議院議員。政治団体「神奈川力」代表。 神奈川県知事、衆議院議員、次世代の党幹事長、希望の党代表、神奈川県議会議員を歴任した。2011年6月~2017年9月よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。
生年月日:1958年4月2日 (年齢 61歳)
松沢成文 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

プロフを英語で書くだけあって「誰が国民なのか」すら理解できていないようですね。公務員も国民ですよ。国民の誰かから他の誰かに所得移転しても経済は良くなりません。むしろ対立を生むだけです。政府は通貨発行(国債発行)できるのですから、支出を拡大すれば済む話です。緊急時は現金で。

国会議員のを削ると言うなら何も言わないですけど、公務員にまで負担を求めるのはいかがなものかと思います。公務員とて私達と同じ国民でありそこには家族も居るのですし同じに扱うべきです。

コロナに対応してるのは圧倒的に公務員が多い(自衛隊、国公立病院、厚労省以下各省庁、消防隊員他多数。民間医療従事者も勿論)。危険に立ち向かわない者がそうだそうだと言ってるがいつ助けられるかも知れない立場。もっと敬って意見するべきです。危険手当てを払ってもよいぐらいです。

誰か(議員・公務員)の所得を削って、他の誰か(国民)の所得へ回したところで、総額が変わらないなら消費総額も増えないので、中小事業者を助けたり、経済を下支えすることは不可能です。財源は国債発行、そして日銀による引受で、消費総額自体を拡大する必要があると思います。

右のお金を左に動かしても、マクロで見たらあんまり変わらないですよね。下級公務員のお金を奪ったらそのぶん消費がなくなり、お金を貰った低所得者の消費増と相殺されてしまいますよね…。

削るのは駄目です。議員も公務員も消費者と認識してください。政府の信用を持って、財政の拡大を元に再出してください。こんな時こそ、アメリカを参考にしてください。

高給取りの議員は50%削減しても年収1000万あるから良いけど公務員はやめてあげて。警察官、消防士、自衛官のモチベーション下がる方が悪影響大きいと思う。

みんなのコメント

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事