ぬえさんのツイート

感染症の影響が深刻で3月4月の家賃払えない、ガスと電気止められたらどうしようと国民が怯えている時に商品券て。

景気刺激策が欲しいんじゃなくて、今月来月生きる為のお金が必要なんですよ麻生さん。話が通じないにも程がある

麻生氏 現金給付より商品券

麻生太郎 プロフィール


麻生 太郎は、日本の男性政治家、実業家。 自由民主党所属の衆議院議員、副総理、財務大臣、内閣府特命担当大臣、デフレ脱却担当、志公会会長、自民党たばこ議員連盟顧問である。
生年月日: 1940年9月20日 (年齢 79歳)
麻生太郎 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

コロナ給付の話いろいろご意見はありますが、とりあえずお役人と政治家さん、収入減に対する短期生活保護的な金なのか、コロナで落ち込んだ景気に対しての対策なのか、どちらなのかすら不明瞭な案ばかり出すのやめていただけませんか、と思う

現金だと貯蓄に回るとか言うけど、ほんとに必要な人は貯蓄がないからこその支給を必要としてるのに……

借金でもして金融業界を活性化させろってことなんでしょう。この国では人の不幸すらも国や企業の利益にならなければ存在が許されない。

経済界とやらが反対してるんですよ。 彼らの業界にカネ落とさないから。 光熱費もそうですが、日々の食事も商品券やらクーポンでは賄えない。

新宿の高級スーパーで、リンゴが一個250円で売っているのを見てリンゴ安いな!と言った人だ。金持ちには庶民の傷みは理解不可能。

なんで余分な費用かけて商品券配るのさ。日本銀行券でいいやんか。

言いたい事は分かりますが経済を回す上での対策としては商品券の方が効果的だと僕も思います。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事