中国の友好都市へ送ったマスク…「在庫あれば返して」愛知・豊川市が中国側に要望 備蓄底つく見通しで

▼記事によると…

・愛知県の豊川市は中国での新型コロナウイルスの感染拡大を受け、友好都市提携を結ぶ江蘇省の街に4500枚のマスクを支援物資として送りました。

しかし、その後東海地方でも感染が拡大し、マスク不足に陥ったことから、今度は「豊川市にマスクを送って欲しい」と中国側に要望していることがわかりました。

竹本幸夫豊川市長(66):
「4500枚マスクを送ったんですね。もし在庫があれば返してくれないかという交渉をしている最中です」

「来ちゃったなと思いました。もし在庫があれば返してくれないかと。『困っておれば助けてあげよう』と思っていましたが、いざ店頭からマスクがなくなっていくと見込みが甘かったと後から反省しました。豊川市はそういったストックがなかったものですから、そのへんは若干反省点。後の祭りですけど…」

3月24日 16:03
https://www.tokai-tv.com/tokainews/article.php?i=120415&date=20200324

竹本幸夫 プロフィール


竹本 幸夫は、日本の政治家。愛知県豊川市長。
生年月日:1954年2月22日 (年齢 66歳)
竹本幸夫 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

竹本市長がパフォーマンスの為に公金を使用して行った話題作りで市民に迷惑をかけたのなら身銭を切れば?危機感なさすぎ

恥ずかしい…

当時は何か少しでも助けになりたかったって気持ちはわかるが、あげたものを返してって言うのはちょっとしんどいよね。

市長のコメントが驚くほど軽すぎる。普段からこういう人なんだろうか。若干どころか猛省をして欲しい。

この市長、気は確かか?1か月以上も前に送った僅か4500枚のマスクが残ってると思うか?一度寄贈したものを返してくれなんて大人がやることじゃない。

みっともない。同じ愛知県民として恥ずかしい。後先考えずにしかもたかだか4,500枚程度とは・・・。他の方法を考えたほうがいい。

確かに恥ずかしい申し出だとは思うが、それほど背に腹は変えられないという事なんだろうね。多少は同情してあげたい。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事