「あいちトリエンナーレ」補助金 減額交付を決定 文化庁

▼記事によると…

・去年、愛知県で開かれた国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」では、「表現の不自由」をテーマにした企画展で、慰安婦を象徴する少女像や天皇をコラージュした作品などに抗議が集まり、展示が一時中止されました。

文化庁は、この芸術祭への補助金およそ7800万円について、愛知県側が会場の安全などを脅かすような重大な事実を認識しながら申告しなかったなど手続きに不備があったとして、去年9月、全額不交付にする決定をしました。

これに対して愛知県側は、補助金適正化法に基づき文化庁に不服を申し出ましたが、審査の中で愛知県側は、展示会場の安全性などに懸念がありながら事前に報告しなかったことは遺憾だったと認め、それにかかった経費などを減額して再申請しました。

このため文化庁は補助金を6600万円余りに減額して交付する決定をしました。

2020年3月23日 19時06分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200323/k10012345261000.html

↓↓↓

芸術監督・津田大介氏のツイート

あいちトリエンナーレ


あいちトリエンナーレ(英語: Aichi Triennale)は、愛知県で2010年から3年ごとに開催されている国際芸術祭。主催はあいちトリエンナーレ実行委員会。
あいちトリエンナーレ - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

満額ではないにしろ、とりあえず良かった。お疲れ様でした。

もともと不当な決定とは言え、良かったですね!本当に!

ヨカッタネ!

よかったです。

あり得ない。こんな馬鹿げたものがアート?

おめでとうございます!

みっともないですね、文化庁は。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認