川内博史議員のツイート

NHKも新型コロナに関して「敵」とか「闘う」という言葉を使っている。

こんな言葉を使うことは、差別や人権侵害に繋がりかねない。

感染した人は「敵」なのか?「闘う」対象なのか?感染症法の1条に、ハンセン病差別の反省が書き込まれていることを想起して欲しい。

過剰な言葉を使うべきではない。

川内博史 プロフィール


川内 博史は、日本の政治家。立憲民主党所属の衆議院議員、立憲民主党常任幹事会議長、立憲民主党財務金融部会長、立憲民主党鹿児島県連代表。
川内博史 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

人に対して言ってないことくらい簡単に分かりそうなものなんだけどなぁ……(´・ω・`)

新型コロナでなく、武漢肺炎ですよ。

どっかの小学生にすら諭されるレベル。よい子のみんなはこんな情けない大人にだけは成るなよwww

新型コロナを敵として戦い殲滅すれば、感染した人が助かるんですよ?感染した人とウイルスを同一視する貴方こそ差別しているのでは?

コロナウイルスは人類の敵でしょ。疫病なんだから。

貴方達普段、アベを倒す!闘う!とか言ってんじゃん。2度と倒すとか闘うとか言うなよー

世界中で人の生命を奪い経済活動を阻むウィルスは人類の敵でしょう。ウィルスと人とを混同すべきではない

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事