加藤紗里、深夜に警察沙汰!「自宅に知らない男」

▼記事によると…

・「家に入れなくて困ってる。今、自宅に警察が3人きています」。そんなメールが記者のもとに届いたのは15日の夜。差出人はタレントの加藤紗里(29)だった。

「鍵は開かないし、部屋に誰かがいる気配もして、めちゃくちゃ怖かった。すぐに警察に連絡すると、警察官がやってきて、インターホンを鳴らしたら男が出た。その男が『私は占有屋です。Aさんから絶対に開けるなと言われているので開けられません』と話したんです」

・加藤が話すA氏とは、昨年9月に加藤と結婚した不動産会社経営の男性のことだ。

「港区のマンションはAが賃料を支払っていて3月末で紗里は出ていくことになっていました。たぶん、その部屋で基樹と一緒にいたことを知って、Aは嫉妬心から鍵を付け替えたんだと思います」(加藤)

2020.3.16 21:00
https://dot.asahi.com/dot/2020031600083.html

【関連記事】加藤紗里がマンション退去を巡り元夫と警察沙汰 記者の直撃に「彼が全部悪いんです!」

▼記事によると…

・加藤紗里(29)に、またもやトラブル発生。ただし、今度は警察沙汰というから穏やかではない。住まいを巡り元夫と大ゲンカ。パトカーが出動する大騒ぎになった。

・長時間の取り調べに憔悴しきっている加藤だったが、記者の問いかけに興奮してこう訴えるのだった。

「逮捕されたわけじゃないですよ、任意の事情聴取です。しかも紗里が悪いわけじゃない。元夫が全部悪いんです! トラブルの発端は、私が住んでいるマンションです。彼が勝手に鍵を替えて、私を部屋に入れなくしたんです」

件のマンションは、港区内の家賃50万円の高級物件で元夫が借主。結婚後、夫婦の新居として二人で住んでいたが、夫が出て行ってからは加藤一人で住み続けてきたという。

「元夫とは慰謝料や養育費の支払い条件の話し合いが進まず、私は引っ越しもできない状況が続いていました。すると1月下旬、元夫から『2月末日に契約解除になりますので退去をお願いします』と一方的なLINEが来ました。いきなり1ヶ月で出ていけなんてあんまりじゃないですか。身重なのに。だから、そんなすぐは無理と返したのです」

が、元夫からは返答はなかったという。

3/17(火) 11:40
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200317-00614307-shincho-ent

加藤紗里 プロフィール


加藤 紗里は、日本の女性タレント、元レースクイーンである。
生年月日: 1990年6月19日 (年齢 29歳)
加藤紗里 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

警察気の毒、、、

元夫が正しいと思ってしまう程この人はずれている、、

貸したお金に関しては、貢いでもらった額からしたら微々たる金額。あげたらいいじゃないですか。

借り主が元夫なんだから、住んでいたといえども話は違うのでは?

今まで無料で住ませてくれてありがとうって感謝の気持ちがないのかな。

そんなの契約者の元夫に権利があるんだから夫の主張は当然やろ。

この元夫はまだ優しいと思うよ。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認