フィギュアアイスダンス五輪選手 クリス・リードさんが急逝 30歳 心臓突然死で

▼記事によると…

・日本スケート連盟は17日、アイスダンスで日本代表として3度の五輪出場を果たしたクリス・リードさんが、日本時間15日午前0時20分に米・デトロイトで心臓突然死のため亡くなったと発表した。30歳だった。

・日本連盟の長島会長
「突然の訃報に大変驚いております。長年に渡り日本のアイスダンスの発展に貢献していただいたクリス・リードさんに改めて深く感謝の意を表しますとともに、ご家族の皆様に心からお悔やみ申し上げ、リードさんのご冥福をお祈りいたします」

2020.03.17
https://www.daily.co.jp/general/2020/03/17/0013199539.shtml

クリス・リード プロフィール


クリス・リードは、アメリカ合衆国出身の男性、日本のフィギュアスケートアイスダンス選手。村元哉中や姉のキャシー・リードとパートナーを組んだ。妹はアイスダンス選手のアリソン・リード。アビングトンオンライン高校卒業。 2010年バンクーバーオリンピック、2014年ソチオリンピック、2018年平昌オリンピック日本代表。
生年月日:1989年7月7日 (年齢 30歳)
クリス・リード - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

若すぎる・・

信じられません

あまりに突然すぎる。指導者として頑張るって矢先。

I hope he can go to heaven and keep skating

早すぎます。

え!?信じたくない…ご冥福をお祈りします。

せつない・・・

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認