相模原殺傷事件の植松被告に死刑判決 横浜地裁

▼記事によると…

・横浜地裁は16日、殺人罪などに問われた元職員、植松聖(さとし)被告(30)に求刑通り死刑を言い渡した。

・弁護側は大麻による精神障害とし、「善悪を判断する能力はなかった」などと事件当時は心神喪失状態で責任能力はなかったとして無罪を主張。差別的な考えと犯行との間に「病的な飛躍がある」とした上で、事件の約1年前から大麻の乱用で人格が急変し、その高揚感から事件を起こしたと訴えた。

検察側は精神鑑定結果を基に「パーソナリティー障害」に由来する人格の偏りにすぎず、正常心理の範囲内で行動も制御されていたと説明。園での勤務経験などから犯行を思いつき、凶器を複数準備するなど計画的に実行したと強調した。大麻使用の影響も小さく、完全責任能力があったとして、死刑を求刑していた。

2020.3.16 14:18
https://www.sankei.com/affairs/news/200316/afr2003160013-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

相模原障害者施設殺傷事件


相模原障害者施設殺傷事件は、2016年7月26日未明に神奈川県相模原市緑区千木良476番地にあった神奈川県立の知的障害者福祉施設「津久井やまゆり園」にて発生した大量殺人事件。元施設職員の男Aが施設に侵入して所持していた刃物で入所者19人を刺殺し、入所者・職員計26人に重軽傷を負わせた。
相模原障害者施設殺傷事件 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

コレで死刑じゃなかったら障害者に人権が無いと言ってるようなもの。

長引くより地裁で決まってよかったです

妥当

これは当然の判決。

控訴しないって言ってたし確定だよね。

だろうな

当然の結果・・・

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認