坂東忠信さんのツイート

3月10日の習近平武漢視察に関し、いろいろと怪しい点が出てきました。

●視察したとされる「火山神医院」が何故かプレハブではいし、火山神医院から約500m離れた武漢職工療養院に似ている!

●影の向きが違うのはどうしてか?

など様々な疑問が噴出中(笑)

坂東忠信 プロフィール


宮城県出身。昭和61年警視庁に奉職。巡査を拝命後、交番勤務員、機動隊員、刑事、北京語通訳捜査官として新宿、池袋などの警察署、警視庁本部で勤務。
北京語通訳捜査官として、中国人犯罪の捜査活動に多く従事。平成15年、勤続18年で警視庁を退職。
退職後は地方県警部外司法通訳として活動の後、作家として執筆、保守論壇に加わっての講演活動を展開し、わかりやすくお伝えすることを信条にテレビ・ラジオなどにも出演。
外国人犯罪対策講師として、日本の危機と中国の脅威、中国人犯罪の実態を訴える活動を継続中。
趣味は骨董鑑賞。
学校長・坂東忠信プロフィール - 坂東学校

twitterの反応

▼ネット上のコメント

習近平同志が命令すれば、影も向きを変えるんです!しかしおマヌケな当局...

ちうごくには二つの太陽がある。

空想特撮映画「武漢視察」

習近平が立ってる地面の石畳は鮮明なのに部下の立ってる石畳はそんなに綺麗には見えません。そして建物の階段と習近平の立ってる石畳の境目が不自然ですね。何やら怪しいですね。

影ですら、国家主席は自在に操れるのです。

これは…プーさん!やっちゃいましたね・・・(-^艸^-)

謎だらけですね🤫

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事