東京五輪の中止判断「WHOの勧告に従う」 IOC会長

▼記事によると…

・国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は12日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)を受けた東京五輪の開催中止・延期の判断について、IOCは世界保健機関(WHO)の勧告に従うと表明。

2020年3月13日 6:21
https://www.afpbb.com/articles/-/3273103

トーマス・バッハ


トーマス・バッハは、ドイツの弁護士。第9代国際オリンピック委員会 会長。筑波大学名誉博士。1976年モントリオールオリンピックのフェンシング西ドイツ代表選手、ドイツオリンピックスポーツ連盟 会長を歴任。
生年月日: 1953年12月29日 (年齢 66歳)
トーマス・バッハ - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

責任逃れだな。( ̄▽ ̄)

中止か二年延期のどっちかだろ。アメリカが延期しろって言ってるし

責任者が、責任を負うことから逃げ、責任の無い者が無責任に決めるのか?

IOC自身で判断したらいいのに

タイがWHOに皮肉を言った事を覚えていないのかな?なぜ判断基準がWHOなのかもう一度考えて頂きたい

小池知事や森さんがいくらやりたいと言っても、少なくとも今年開催は詰んでいるだろう。

IOCとWHOで責任の擦り付け合いが始まる予感😅

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認