細野豪志議員のツイート

報ステで『処理水』を報じていた。科学的に安全だとしても漁業者に相談もせずに時間切れを理由に海洋放出では理解が得られないと。予想通り。

タンクをあれだけ近くで取材しながら、処理水を保管し続けるリスクをなぜ説明しないのか!

テレ朝が風評被害を払拭する努力をしたことがあるのか!

細野豪志 プロフィール


細野豪志は、日本の政治家。衆議院議員。 環境大臣、内閣府特命担当大臣、内閣府特命担当大臣、内閣府特命担当大臣、内閣府特命担当大臣を務めたほか、民主党政策調査会長、民主党幹事長、自誓会会長、民進党代表代行、希望の党憲法調査会長などを歴任した。
生年月日: 1971年8月21日 (年齢 48歳)
細野豪志 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

風評被害を広めるのは、いつだってマスコミ。特にTVが罪深い。

放送法改定と電波オークション導入をお願いします。風評被害防止策は政治がリードする重要な課題です。期待しています。

テレ朝だけではなしにTBSも酷いものです! 処理水をわざと汚染水と報道しますし…

朝日は風評被害を広める努力はしていますね。吉田調書の事は永遠にわすれません。あとサンゴも

この件に関しては政府がもっときちんと説明するべきだと思います。にも関わらずどっかのバ環境大臣は邪魔するような事を言ってしまいましたが...。

細野さんにはあの時期の党の愚行を洗いざらい話してほしい。その上で与党に合流して国民のために尽くしてほしい

処理水よりも有害な電波を垂れ流しています。原発よりも危険です。

PC記事したレクタングル

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事