実の娘に性的暴行 2審は逆転有罪 父に懲役10年判決 名古屋高裁

▼記事によると…

・2017年に愛知県で当時19歳の実の娘に性的暴行をしたとして、準強制性交等罪に問われた男性被告(50)の控訴審判決で、名古屋高裁(堀内満裁判長)は12日、無罪とした1審・名古屋地裁判決(19年3月)を破棄し、懲役10年を言い渡した。

3/12(木) 15:13
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200312-00000046-mai-soci

名古屋高等裁判所


名古屋高等裁判所は、愛知県名古屋市にある日本の高等裁判所の一つで、中部地方の西部6県を管轄している。略称は、名古屋高裁。金沢に支部を置いている。
名古屋高等裁判所 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

一審で無罪になってることが驚き

日本にもまともな考えを持つ人が残っていたのね。

出所した時の娘さんの気持ちを考えると、怖くて仕方ないでしょう

有罪は当たり前だと思うけどさたった10年なんだ(-_-;)

当然の判決だけど、たった10年…。日本の法律ではこれが限界なのか…。

司法に正義はあったか!!

お嬢さんの未来が潰れないことを祈るばかり。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認