森会長 理事の五輪「延期」発言に不快感

▼記事によると…

・東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は11日、高橋治之理事がアメリカの有力紙に、「開催を断念する場合、1~2年後に延期することが最も現実的な選択肢だ」との考えを示したことに対し、「とんでもないこと」と不快感を示した。

また、高橋理事から「軽率なことを発言し、ご迷惑をかけました」と謝罪を受けたという。

3/12(木) 2:50配信
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20200312-00000053-nnn-soci

高橋治之 プロフィール


高橋 治之は、日本の実業家。電通顧問。東京オリンピック・パラリンピック組織委員会理事。株式会社コモンズ代表取締役会長。イ・アイ・イグループ総帥高橋治則の兄。 慶應義塾高等学校、慶應義塾大学法学部卒業。電通のスポーツ事業局の中心人物として、日本のスポーツビジネスを変えた男と言われる。
生年月日:1944年4月6日 (年齢 75歳)
高橋治之 - Wikipedia

森喜朗 プロフィール


森 喜朗は、日本の政治家。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長。 衆議院議員、文部大臣、通商産業大臣、建設大臣、内閣総理大臣、自由民主党政務調査会長、自由民主党幹事長、自由民主党総務会長、自由民主党総裁などを歴任した。
生年月日:1937年7月14日 (年齢 82歳)
森喜朗 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

森会長の言い分は正しい。アメリカの放映権を考えるると延期はありえない。

なんでこの人、ひとりだけアホみたいに開催にこだわってるのかね?なんか個人的に中止とか延期になるとまずい事情でもあるみたいな気がするww

マスクしない宣言した森会長、ひとりでやってくれ。

もう国民の健康よりも、何がなんでも五輪を開催することしか頭にないのだろうな…選手の気持ちを考えるとわからないでもないが、日本の危機の最中。

どんだけ金欲しいの!

森さんよりも理事の方が、現実的って事でしょ?

開催したいのは分かるが無理だろ。もっと現実を見ろ。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認