長い春休み「不登校の子増える可能性」 九大教授が指摘

▼記事によると…

・九州大人間環境学研究院の増田健太郎教授(臨床心理学)によると、もともと春休み明けはクラス替えや担任交代があり、希望と不安が入り交じる。

今年は多くの子が心の準備もないまま突然、長い休みに入った。

部活動も自粛。図書館など居場所も少ない。家でだらだら過ごし、生活リズムが崩れると、いざ学校が始まる時、不安が大きく立ちはだかるという。

「遅刻気味や保健室登校だった『不登校予備群』の子が、そのまま不登校になるおそれがある」

2020年3月10日 10時00分
https://www.asahi.com/articles/ASN395T48N38TIPE016.html?iref=sp_new_news_list_n
>>『朝日新聞』のご購読お申し込みはこちら

不登校の現状とは?文部科学省による不登校の定義と人数・7つのタイプについて


不登校の定義とは?
一般的に「不登校」は、単に学校に行っていない児童生徒のことを指しますが、文部科学省では以下のように定義されています。
「不登校児童生徒」とは「何らかの 心理的、情緒的、身体的あるいは社会的要因・背景により、 登校しないあるいはしたくともできない状況にあるために年間 30日以上欠席した者のうち、病気や経済的な理由による者を 除いたもの」と定義しています。
不登校の現状とは?文部科学省による不登校の定義と人数・7つのタイプについて - RizFREESCHOOL

twitterの反応

▼ネット上のコメント

じゃあ夏休み廃止な

さすがにだから登校しましょうにはならねーべ

すでに10日が過ぎ、見えない出口に不満が限界に達している家庭は多いはず。元気なのに動き回れないという辛さは、大人も子どもも同じ。

それ春休みのせいなん?

みんな早く学校行きたいしか言ってないけど。不登校になるやつは、遅かれ早かれいつか不登校になるやつなんじゃないの

そうなるとして今どうすりゃいいのかお子さんへの提案は無いのかね

休みの間に勉強する奴としない奴で学力の差が開くね

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事