小林よしのり氏「経済マヒさせるほどコロナ怖いか」

▼記事によると…

・漫画家小林よしのり氏は、「いい加減にしろコロナパニック」のタイトルでブログを更新。取材で訪れた福岡で目の当たりにした光景について、「飛行機は減便、ホテルのロビーはガラガラで客より従業員の方が多く、レストランは1店だけ空いていて、バーやスパやラウンジは閉鎖、市内は閑散としていて、店は休業だらけ、居酒屋は倒産寸前、取材先の博物館美術館は休業、経済活動がほとんど停止している状態であきれた」とつづった。

こうした状況に「ここまで自粛して、経済をマヒさせるほどコロナが怖いかね?」と小林氏。

「情報のグローバリズムがなけりゃ、自然死で誰も気にもとめなかったはず。グローバリズムがウイルスを呼び込んで、地球規模の情報感染がパニックを引き起こし、経済をまひさせている。愚かなやつらばかりだ」

「来年はインフルエンザの感染者を追跡して、関連死が何名出るかを可視化させて欲しい。自力で治す人がいる限り、わしは怖くない。風邪に備えて用心し、栄養と睡眠で免疫力を高めるのは、いつもの冬と同じだ」

[2020年3月9日16時14分]
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202003090000320.html

小林よしのり プロフィール


小林 よしのりは、日本の漫画家、評論家。「よしりん企画」社長、「ゴー宣道場」主宰者、「大東亜青年塾」名誉塾長。本名、小林善範。血液型O型。 福岡県福岡市出身。福岡大学人文学部フランス語学科卒業。1976年に『ああ勉強一直線』を投稿しデビュー。『東大一直線』『おぼっちゃまくん』などのヒット作を持つ。
生年月日: 1953年8月31日 (年齢 66歳)
小林よしのり - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

ワクチンがないと言われたら普通の人は警戒してしまう

未知の病と言う事がインフルエンザより恐怖を煽る。

コロナの完全終息とかワクチン完成なんて日を指くわえて待ってたら、その前に経済終わってコロナもろとも日本沈没するわ。

小林よしのり氏が良い事言ってる

これにはもう、ただただ肯くしかありませぬ。コロナなんぞより、不安に駆られたパニックや経済のマヒのほうがよほど怖いですよ。

これくらいやらなかったら日本は今頃韓国やイタリアみたいになっていたのかとも思う🤔

日本経済がダメなのはインバウンドに頼り過ぎ。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認