「コロナばらまき男性」フィリピンパブでカラオケ オーナー憤り

▼記事によると…

・3月6日、新型コロナウイルスに感染した愛知県蒲郡市の50代の男性が、検査で陽性と確認された後、自宅待機を要請されたにもかかわらず、市内の飲食店2軒をはしごしていたことが判明。「週刊文春」は男性が訪れたフィリピンパブでカラオケに興じる様子や、ホステスと肩を組む姿が映った映像を入手。

「その男性は3月4日の午後6時過ぎ、開店直後に来店したのですが、最初はすごくおとなしく飲んでいました。その後、カラオケでHOUND DOGとキャロルの曲をリクエストして、気持ち良さそうに店内に歌声を響かせていた」(店のオーナー)

しかし、午後6時半頃、店に驚くべき事実がもたらされた。

「その男性が『コロナウイルスをばらまく』と言い残し、自宅から飲みに出たとの情報が共通の知人からまわってきたんです。慌てて店のスタッフに確認させると、本人が『俺は陽性だ』と認めたので、すぐに退店させるとともに、保健所と警察に通報しました」(同前)

「当日、すぐに保健所の職員が駆け付け、店内や周辺を消毒しましたが、店はしばらくの間休業します。当日働いていた従業員も生活の基盤を完全に奪われてしまった。これは“テロ”にほかなりません。厳重な処罰をしてほしいです」

2020年3月8日 23時55分
https://news.livedoor.com/article/detail/17934220/

動画を見る

パブ


パブ(Pub)とは、イギリスで発達した酒場のこと。パブリック・ハウス(Public House)の略。類似呼称にバーがある。アメリカ合衆国では同スタイルの酒場はバーとなる。日本では、洋風の居酒屋のことを「パブ」や「バー」と呼んでいるが、最近では酒類を提供する風俗店にも「パブ」の名が多く使われている。
パブ - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

そりゃ怒るよ…

訴えた方がいい

この愛知県の男性のような人がイベント中止した企業の努力を壊している。感染しているのにジムやイベントに行く人が居たのも残念。潜伏期間があるので2週間後の感染者がかなり増えると思う

先程テレビで見ました。本当にひどい。接客した店員さんが心配です。

オーナーさん、従業員さん、お客さんが罹患されてないことを。この男に対しては刑事民事の両方で対処していただきたい!!怒りしかない!!

これは隔離しない方が悪い

今後、このような輩が現れないことを願う

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事