ウイルス検査依頼を保健所が拒否 7道県で30件報告 日本医師会

▼記事によると…

・新型コロナウイルスの検査について、日本医師会は、医師が保健所に検査を依頼しても断られた不適切なケースが、3日までに7つの道と県で、合わせて30件報告されたことを明らかにしました。

・断られた理由の大半は不明ということですが、医師会は「症状が重篤ではない」や「濃厚接触者ではない」のほか、「検査体制が十分ではない」などの回答が寄せられたと説明しています。

医師会は、今月13日まで実態調査を続ける予定で、不適切な事例はさらに増えるとみています。

横倉会長は「保健所の多くは医師が1人しかおらず、そうした事情も反映していると思う。近く検査が保険適用されるが、殺到すると医療崩壊につながるので、掛かりつけの医師に相談してから、検査を受けてほしい」と述べました。

2020年3月4日 18時43分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200304/k10012313721000.html

2019新型コロナウイルスによる急性呼吸器疾患


2019新型コロナウイルスによる急性呼吸器疾患(にせんじゅうきゅうしんがたころなういるすによるきゅうせいこきゅうきしっかん、英語: COVID-19)とは、2019年新型コロナウイルス(SARS-CoV-2、WHOによる暫定名は2019-nCoV)によって発症するウイルス性呼吸器疾患である。人獣共通感染症であり、2019年12月から中華人民共和国湖北省武漢市を感染源とした流行が拡大した際に初めて検出され、新興感染症となった。疾患名については、世界保健機関(WHO)が2020年2月11日にCOVID-19(コビッド・ナインティーン)と命名した。なお、元英語名の“2019-nCoV acute respiratory disease”は、WHOによって暫定的に命名されたものである。日本の法令では同年1月28日時点で、「新型コロナウイルス感染症」と定められている。症状として、発熱、乾いた咳、呼吸困難などがある。2020年2月現在、確立された治療法はなく、症状の緩和や心肺機能の温存に焦点が当てられて治療されている。
2019新型コロナウイルスによる急性呼吸器疾患 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

断った理由の大半が不明で、医師会の説明にしても雑な印象です。もっと踏み込んで調べて欲しかった

日本医師会!検査拒否30件って、数値を水増しするな!そんなに少ないはずがない。政府から圧力がきてるやろ!

保健所に責任転換を始めた模様

コロナが出てない地域って、単に検査をしていないだけじゃないの?

もっと拒否しろ。災害時は自分だけが助かろうと平気で周りを食いつぶすクズが出る。漫画の中の話ではない

絶対韓国より多いやろ

保健所って何のためにあるの?

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認