居直る中国「米国がコロナの発生地」

▼記事によると…

・中国紙の環球時報(英語版)は2月29日、「新型コロナウイルスの発生地はまだ不確実だ」と題する記事で、米国がウイルスの発生地である可能性もあると報じた。記事は「米国などでは感染源が不確実な例が増え、発生地に関する論議が複雑化した」と指摘。

その上で、中国疾病予防統制センターの専門家、曽光氏の発言を引用し、「米国でインフルエンザで死亡した患者が実は新型コロナウイルスで死亡した可能性があるとするテレビ朝日の報道を注目すべきだ」と伝えた。

テレビ朝日は2月21日、昨年秋から流行した米国でのインフルエンザの死者の一部が新型コロナウイルスによる患者だった可能性を指摘した。しかし、報道内容は米疾病対策センター(CDC)が公式に否定。

2020/03/02 14:00
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/03/02/2020030280119.html

インフルエンザ − インフルエンザへの理解を深め、正しい知識や予防法を身につけましょう!


インフルエンザとは、インフルエンザウイルスに感染して起こる感染症です。インフルエンザウイルスは、A型、B型、C型、D型の4種類に分けられます。主にヒトに流行を起こすのは、A型とB型のウイルスです。A型はヒト以外にも、ブタ、ウマなどの哺乳類やカモ、ニワトリなどの鳥類に感染します。一方、B型とC型は主にヒトへのみ、D型は家畜へのみ感染します。
インフルエンザでは、咳やのどの痛みなどの呼吸器の症状だけでなく、高熱、全身のだるさ(倦怠感)、食欲不振などの全身症状が強く、しばしば、頭痛や関節痛・筋肉痛など呼吸器以外の症状を伴います。
合併症として、気管支炎、肺炎、中耳炎などがみられます。重大な合併症には急性脳症(インフルエンザ脳症)や重症肺炎があります。
インフルエンザ − インフルエンザへの理解を深め、正しい知識や予防法を身につけましょう! - シオノギ製薬

twitterの反応

▼ネット上のコメント

流石にそれはないw

外国に目線逸らさないとヤバい状態なのか

そら中国はそう言っとくしかないだろ。なんにせよ武漢で感染爆発が起こったことは史実になるだけだ

この局面でアメリカに喧嘩売る習近平って相当きついのか

日本が中国と友好ムードは根回し効いてるのか米国も見守りだったけど中国が仕掛けるならそろそろ日本も米国に止められるな。習近平の訪日は延期のまま流れそう

普通に考えれば中国人がアメリカに持ち込んだんだと思うよ

日本なら兎も角米国は黙っていない。やる相手を間違えたな

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認