児童体罰で懲戒の小学校教諭 自宅待機処分中にFB投稿 ツーリング・グルメ満喫

▼記事によると…

・児童らに体罰を加えていたとして和歌山市立小の男性教諭(46)が懲戒処分となった問題で、この教諭が体罰発覚後の自宅待機中に旅行に出かけ、様子をフェイスブック(FB)に投稿していたことが26日、市教委などへの取材で明らかになった。市教委は「自宅で反省を促していたのに旅行に出かけ、FBに投稿するのは問題だ」として指導したという。

・1月6日と13日に投稿。教諭は昨年12月25日から今年2月7日まで自宅待機中だった。

2020年2月26日 21時0分
https://news.livedoor.com/article/detail/17877511/

和歌山市


和歌山市は、近畿地方の南西部、和歌山県の北部に位置する都市で、和歌山県の県庁所在地。江戸時代には御三家の一つである紀州徳川家が治める紀州藩の城下町として栄え、「若山」とも表記された。 県の面積の約4%ほどだが、県人口の約40%が暮らしているプライメイトシティである。中核市に指定されている。
和歌山市 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

自らとどめを刺すために事態を悪化させる火に油を注ぐ焼死スタイル…嫌いじゃないよ( •ω-)✧

自宅待機=無給、ではないトコがミソなんだろなw

この小学生教諭「自宅待機処分最高キモチェェェェェ!!」

そりゃクビにならないし。てきとうに反省したフリで内心休暇ラッキーとしか思わん。

教員の質を上げないと日本の未来は無い

体罰してるんだから即クビでいいじゃん

ダッセぇ写真だなw

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認