古市憲寿氏 新型コロナ検査「なんで受けたがる?」結果分かっても「対応は変わらない」

▼記事によると…

・番組では新型コロナウイルスについて特集。検査を受けたいと申し出ても受けさせてもらえないなどの声を取り上げ、自宅療養はどうすればいいのかなどを専門家を招いて解説した。政府は軽症者は自宅待機を指示しているが、妊婦や疾患を持っている人、高齢者などは検査を希望する人も多い。

これに古市氏は「検査を受けても新型コロナウイルスは特効薬もないわけですし、基本的に自宅で安静、重篤化したら病院に行くっていうわけで、検査結果がどうであれ、対応は変わらないわけですよね」と指摘。

小倉智昭は「でも人にはうつさない…」と、判明すれば人にうつさない行動を取れるとしたが、古市氏は「肺炎であっても、インフルエンザでも人にうつすべきではなくて、陽性だろうが陰性だろうが行動は変わらないのに、なんでみんな検査を受けたがるんだろうとすごい不思議」と語った。

2/26(水) 10:53配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200226-00000037-dal-ent

古市憲寿 プロフィール


古市 憲寿は、日本の社会学者、作家。東京都出身。
生年月日:1985年1月14日 (年齢 34歳)
古市憲寿 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

未知のウィルスで特効薬が無いから、検査後陰性で安心したいんだよ。陽性だった場合はショックだけど、接触者に注意を促せれるしね。

知らない分からないが恐ろしいから。どちらの結果にせよ答えを知りたいんだよ

家族・友人・周りの人に移したくないという考えが理解できないのか、すごい不思議(・∀・)

それは人にうつさないように自ら隔離養生するためじゃないでしょうか?!

例えば仮に自分が陽性だと分かったら自発的に隔離して家族や同僚に感染させない為、って簡単な想像もできないの?

検査を受けたがるっていうか、受けたがらせようとしてる気がする。

他人に迷惑をかけない。原因特定による不安除去。まだまだ有りますよね~?

みんなのコメント

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認