国会にサーモグラフィ設置検討 議員らの発熱チェック

▼記事によると…

・自民党の末松信介、立憲民主党の芝博一両参院国対委員長は26日、国会内で会談し、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、発熱の有無をチェックするためのサーモグラフィを国会や議員会館の出入り口などに設置する検討に入ることで合意。

国会議員や秘書、傍聴者、見学者、報道関係者らを対象にするという。

芝氏は「立法府として責任を持ち、国民の範となるような形で対応すべきだ」と述べた。「衆参同時に同じ内容で実施したい」とも語り、衆院とも調整を進める考えを示した。詳細は今後、議院運営委員会の与野党理事が協議して詰めるという。

2020.2.26 12:03
https://www.sankei.com/politics/news/200226/plt2002260008-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

サーモグラフィー


サーモグラフィーは、物体から放射される赤外線を分析し、熱分布を図として表した画像、またそれを行なう装置。
サーモグラフィー - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

自分達の時は光の速さだね

自分らだけ無事なら国民の健康はどうでもいいのか?

先に医療機関じゃないですかね。あなたたちは三の次、四の次でいいでしょうに

熱なくても感染するらしいですよ。意味ないかも。

この期に及んで「設置する事を決定しました」と出来ないのがいかにもって感じ

国会だけじゃなく駅や電車に設置せーよ。

何でも検討してばっかり。実行に至るのが大変。

みんなのコメント

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認