堀江貴文氏、日本国内のコロナ反応に「騒ぎすぎ」

▼記事によると…

・ホリエモンこと実業家の堀江貴文氏(47)が、新型コロナウイルスに対する日本国内の反応は「過剰」だとし、「不必要に怖がっているように見えます」と私見を述べた。

・堀江氏は24日、「コロナウイルスへの対応が過剰な件について」と題した動画をユーチューブにアップ。感染を心配するネットの声などについて「騒ぎすぎ。正直、普段からウイルスを蔓延させやすいような所にいる人とか、インフルエンザワクチンとかを打たない人たちが大騒ぎしているのが、本当に滑稽でしょうがない」と、満員電車を利用したり、不特定多数の人が集まる場所に行く人を批判し、食事や睡眠をしっかりとって免疫力を高めるなどの対策をすべきだと説いた。

・渡航した海外と比べて、日本は新型肺炎に対する反応が過剰だとし、「情報弱者の人たちがマスコミに煽られて不必要に怖がっているように見えます」と堀江氏。大規模イベントの中止が相次いでいることについて、「健康な成人しか集まらないようなイベントを中止にするのはやめたほうがいいんじゃないかな」とした。

2/25(火) 16:27配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200225-22250496-nksports-ent

堀江貴文 プロフィール


堀江 貴文は、日本の実業家、著作家、投資家、タレントである。愛称はホリエモンだが、堀江本人があだ名やペンネームなどを名乗る際にはたかぽんを自称している。
生年月日:1972年10月29日 (年齢 47歳)
堀江貴文 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

毎日ウイルスの不安と戦いながら家族を養うために満員電車で頑張ってる都会の方々。バ◯があなたのことを笑ってますよ💢

アスリートのように、栄養・睡眠・運動の整った健康的生活を送れば、無縁だと思うけれど…病院に行くのは、逆に危ないね。

色んな意見はあるけど、要は対策できる!って事ですね!余裕がある生活出来れば!

Jアラートの時もそうだが、本当『国防と言う概念が皆無なグローバリスト程、緊急時に国民にとって傍迷惑な存在』は無い。平時ならまだしも、緊急時にこの様な国防の概念も皆無なグローバリストは、只の害悪と言い換えても良い位だ。

検査キットがどの医療機関にもあって、薬があるならね。そうでないから騒ぐんだよ。

経済悪化で倒産する会社が出てくるでしょう。うちは大丈夫かな?増税もタイミングが悪かった。生きている以上、安定は補償されていないですね。

一週間後…ホリエモン「ゴホゴホッ…」

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事