新型ウイルス 都内の老人保健施設職員が感染 重症で入院

▼記事によると…

・東京都は22日、都内の老人保健施設に勤める60代の男性職員が、新型コロナウイルスに感染したことを確認したと発表しました。

男性は都内に住んでいて、今月12日にかぜのような症状が出て医療機関を受診しましたが、肺炎とは診断されなかったため帰宅し、13日には勤務先の老人保健施設に出勤しました。

14日は自宅で過ごしたあと、15日からは家族とともにインドネシアに旅行に行ったということです。

帰国した19日から都内の医療機関に入院していて、重い呼吸困難で重症だということです。

2020年2月22日 18時46分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200222/k10012297481000.html

2019新型コロナウイルスによる急性呼吸器疾患


2019新型コロナウイルスによる急性呼吸器疾患(にせんじゅうきゅうしんがたころなういるすによるきゅうせいこきゅうきしっかん、英語: COVID-19)とは、2019年新型コロナウイルス(SARS-CoV-2、WHOによる暫定名は2019-nCoV)によって発症するウイルス性呼吸器疾患である。人獣共通感染症であり、2019年12月から中華人民共和国湖北省武漢市を感染源とした流行が拡大した際に初めて検出され、新興感染症となった。疾患名については、世界保健機関(WHO)が2020年2月11日にCOVID-19(コビッド・ナインティーン)と命名した。なお、元英語名の“2019-nCoV acute respiratory disease”は、WHOによって暫定的に命名されたものである。日本の法令では同年1月28日時点で、「新型コロナウイルス感染症」と定められている。症状として、発熱、乾いた咳、呼吸困難などがある。2020年2月現在、確立された治療法はなく、症状の緩和や心肺機能の温存に焦点が当てられて治療されている。
2019新型コロナウイルスによる急性呼吸器疾患 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

老人保健施設はアカンやろ。施設入所の高齢者は要介護者で、まず間違いなく基礎疾患持ちの高齢者やぞ…

そろそろ学校は全休、企業にも最大限の在宅勤務、長距離交通の大幅制限とかしないと、本当に医療キャパ超えるぞ!

千葉ではバスツアーに参加しているし ここではインドネシア旅行 理解出来ん!

オリンピック中止も現実味を帯びてきたなぁ 。もう日本はダメでしょ。

検疫官とか医者とか看護師とか厚労省の人とか、ちゃんと予防してそうな人が次々感染して、それてなくても後手後手対応が無能になって行く。

老健ですか。家族が入所している特養、今日から3月末まで面会禁止、外出禁止になりました。早く押さえ込んでほしいですね。

もう目も当てられない。この国はいったいどうなるの。 

PC記事したレクタングル

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認